RubyとPythonとNode.jsで開発してるやつちょっとこい

仕事上、メインの API サーバは RubyRails、Lambda やマイクロサービス的なサーバは Node.js、一部 DevOps 関連のスクリプトPython で書いてたりする。

各種プログラミング言語を使うときは言語自体のバージョン管理が必要となるが、env 系のバージョン管理ツールで統一するとコマンドがいっしょなので便利。
そして Mac でも Linux でも使える(これ超大事)。

Mac へのインストール方法

$ brew install rbenv
$ brew install pyenv
$ brew install nodenv

基本的なコマンド

インストール可能なバージョン一覧

$ rbenv install -l

インストール

$ rbenv install 2.5.1

インストール済のバージョン一覧

$ rbenv versions

アンインストール

$ rbenv uninstall 3.6.5

インストールしたバージョンをシステム上でグローバルに利用する

$ rbenv global 3.6.5

インストールしたバージョンを現在のディレクトリだけで利用する

$ rbenv local 3.6.5

カレントディレクトリに .ruby-version ファイルが生成されるので rbenv はこれを参照して指定のバージョンを利用する仕組み。

fish shell によるパス設定

bash を使ってる場合 ~/.bash_profile を編集する『パスを通す設定』が煩わしい。でも fish shell ならプラグインをインストールするだけ。

jnst.hateblo.jp

$ fisher install pyenv
$ fisher install rbenv
$ fisher install oh-my-fish/plugin-nodenv

自分で設定ファイルを vi とかで修正する必要がない。

Node.js のバージョン管理ツールいろいろ

nodenv の存在に気づくまでは nodebrew を使っていた。
だいたい同じだけど、カレントディレクトリだけ特定のバージョンを利用する機能はない。
(あと nodebrew は指定バージョンのインストールで v10.11.0 みたいに v を付けるが、nodenv 系は付けない点に注意。)

$ nodebrew ls-remote
$ nodebrew install-binary v10
$ nodebrew ls
$ nodebrew use v10
$ nodebrew uninstall v10
$ nodebrew selfupdate

nodenv と同じ env 系のバージョン管理ツールとして ndenv というものもあるが、こっちはもうメンテナンスされてないので使わない。
nodeenv という一文字違いの紛らわしいものもあるが、まったくの別系統のようだ。ちなみに Node.js を最初に使い始めた 5 年くらい前は nvm を使っていた気がする。