読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

git のターミナル運用でよく使うコマンド

普段は SourceTree つかってるのでメモっておかないと忘れる
 

間違えてコミットしたファイルを取り消す

WebStorm の設定ファイル(.ideaディレクトリ)を間違えてコミットした場合

$ git rm -r --cached .idea
$ git commit -m 'Discard idea files'

-r はディレクトリ指定、--cached は実際のファイルは削除せずにコミットからのみ消すオプション
 

コミットログを1行でみたい

通常、6行で表示されるためターミナルだとみにくい

$ git log --oneline

 

フォーマットを指定してコミットログをみたい

上記の --oneline だと日付が表示されないため不便
直接指定することができる - Git - コミット履歴の閲覧

$ git log --author="jnst" --date=iso --pretty=format:"[%ad] %h %an : %s"
[2016-10-20 23:36:42 +0900] 29e5239 jnst : 3回目のコミット
[2016-10-20 22:45:47 +0900] 4367df3 jnst : 2回めのコミット
[2016-10-20 22:40:14 +0900] 04abbe8 jnst : 最初のコミット

 

リポジトリの最初のコミットがいつなのか知りたい

git log の --reverse を使うことで確認できる

$ git log --reverse --date=iso --pretty=medium

 

ローカルリポジトリのユーザー名を変更

global のユーザーではなく、local のユーザーを設定してコミットしたい場合

$ git config --local user.name 'jnst'
$ git config --local user.email 'jnst@example.jp'

確認

$ git config --local --get user.name
$ git config --global --get user.name

 

自分の PC 上だけで全適用されるグローバルな .gitignore をつくる

Using Git / Ignoring files
リポジトリの .gitignore ではなく、自分の PC だけで適用されるグローバルな .gitignore を用意した方が良いケースがある。
例えば Node.js のプロジェクトで、自分は WebStorm で開発しているから「.idea」ディレクトリを除外したい。しかし他のメンバーも WebStorm で開発しているとは限らない。内輪で開発してるプロジェクトなら .gitignore に追記して push すれば良いが、公開されていて誰でもプルリクできるプロジェクトの場合は、環境固有の設定をコミットすべきではない。

$ git config --global core.excludesfile ~/.gitignore_global
$ vi ~/.gitignore_global

   

git コマンドのカラー表示

git status とかしたときに文字列が配色されて表示されるようになる

$ git config --global color.ui true