WebStormのメモリ使用量を増やす

(2015-06-29 に WebStorm10 版に更新しました)

WebStorm は初期設定のままだとメモリを最大 750MB しか使えないため、それを超えるとカクカクします。 やり方は WebStorm 公式の WebStorm 10.0.0 Help :: Tuning WebStorm に書いてあります。

現在のメモリ使用量を確認する

まずは以下の方法でメモリが足りてるかどうか確認しましょう。

  1. Cmd + , で WebStorm の Preferences を開く
  2. Appearance の Show memory indicator にチェックを入れる
  3. 右下のステータスバーに現在のメモリ使用量と最大メモリ使用量が表示される

Mac の場合のやり方

WebStorm.app に同梱されている webstorm.vmoptions というファイルを上書きせずにコピーします。

$ cp /Applications/WebStorm.app/Contents/bin/webstorm.vmoptions ~/Library/Preferences/WebStorm10

コピーしたファイルを開き、値を修正します。

$ vi ~/Library/Preferences/WebStorm10/webstorm.vmoptions

デフォルトでは 128MB から始まり、最大で 750MB まで使用できる設定になっています。WebStorm は Java で実装されているので、この記述方も Java 形式です。意味を知りたい場合はググるとすぐに見つかります。

初期設定

-Xms128m
-Xmx750m

とりあえず 1GB 使用できるように書き換えます。足りなければ 2048m とかにしましょう。

上書き

-Xms1024m
-Xmx1024m

諸注意

WebStorm 10 のやり方を書いてます。他のバージョンの場合は微妙にパスが異なるので注意してください。