YoutubeチャンネルのRSS

YouTube Data API の v2 が 2015-04-20 に廃止になり、RSS の取得方法も変更になったらしく、ググってトップにでてくる記事は約に立たなかった。 チャンネルIDの確認方法 チャンネル検索してチャンネル登録する 左メニューの「登録チャンネル」のリンクを踏…

node_redisでscanコマンド

ググってもサンプルがでてこないので悩んだ。 node_redis では、個別にコマンドの実装があるわけではなく、send_command 関数を共通で使う実装 になっている。 公式ドキュメントの SCAN – Redis をみると SCAN cursor [MATCH pattern] [COUNT count] という…

Docker Machineをつかう

インストール Homebrew Cask で管理されてるので Cask 経由でインストールするのが楽。 homebrew-cask/docker-machine.rb at master · caskroom/homebrew-cask · GitHub $ brew install caskroom/cask/brew-cask $ brew cask info docker-machine docker-mac…

LoLのReport使い分け

League of Legends の Report がいろいろあってわかりにくいと思うので日本語化 原文は Reporting a Player – Riot Games Support Report の種類 Harassment: Offensive Language チャットでのセクシャルハラスメント、人種差別 Harassment: Verbal Abuse チ…

nodebrewでio.jsをインストール

js

nodebrew が 2015-01-15 のコミットで io.js に対応してました。 すでに nodebrew をインストール済の人は selfupdate する必要があります。 $ nodebrew selfupdate $ nodebrew ls-remote (略) v0.10.32 v0.10.33 v0.10.34 v0.10.35 v0.11.0 v0.11.1 v0.11…

AWS CLIの使い方

aws

AWS CLI(AWS Command Line Interface)の使い方。 インストール $ brew install awscli $ aws --version aws-cli/1.6.5 Python/2.7.5 Darwin/13.4.0 セットアップ configure オプションが用意されているので、アクセスキーやシークレットキー、リージョンと…

Macですぐにpecoを使う

mac

Homebrew で簡単にインストールできます。go とかいらない。 $ brew tap peco/peco $ brew install peco $ peco --version peco: v0.2.11

MacでDynamoDB Localを試す

インストール brew からインストールできます。 $ brew install dynamodb-local データとログディレクトリ 下記ディレクトリに保存されます。 Data: /usr/local/var/data/dynamodb-local Logs: /usr/local/var/log/dynamodb-local.log 起動 実行ファイルは /…

2分でわかるTerraform

AWS のようなクラウドサービスによってインフラ構築がとても手軽に行えるようになりました。手動でインスタンスを起動して、サーバ設定を行い、Web サービスをインターネットに公開します。 では、手動で行った構築手順はどのように残していますか?どのよう…

Jenkinsのログインシェルを変更する

Jenkins をインストールすると jenkins ユーザーが作成されるが、su コマンドを使っても jenkins ユーザーには切り替えできない。 これはデフォルトのログインシェルが /bin/false に設定されているから。 # cat /etc/passwd | grep jenkins jenkins:x:498:4…

Linuxでたまに使う便利なコマンド

使いたいときに忘れてるのでメモ。 tree コマンドの階層指定 $ tree -L 1 LDAP ユーザーも含めたユーザーの一覧を表示 $ getent passwd sudo 権限の編集 $ visudo $ visudo -f /etc/sudoers.d/sample

Debian系とRedHat系の起動スクリプト

/etc/init.d/nginx start というか、利用するときは service nginx start を叩くけど、こういう起動スクリプトはミドルウェアの起動によく使います。 訳あって自社サービス用の起動スクリプトを Ubuntu 版から CentOS 版へと移行したので、作業にあたって必…

GitHubでEd25519鍵をつかう

TL;DR GitHub 使ってる人のほとんどは RSA 鍵 2048 ビットつかってる でも 2031 年からは強度が弱く非推奨扱い もっと新しい ECDSA 鍵や Ed25518 鍵もあるよ Mac でも対応してるから今すぐ使えるよ GitHub でもっとも使われている公開鍵暗号方式 多くの人は …

Ansibleでファイルの編集

Ansible で設定ファイルの編集をしたいとき用です。 3つのモジュールが用意されています。 lineinfile(1行だけ編集したい人向け) replace(複数行編集したい人向け) ini_file(INI形式のファイルを編集したい人向け) ユースケース Amazon Linux では最…

yumの使い方

yum パッケージを探す $ yum search <package> パッケージの詳細情報 $ yum info <package> パッケージのインストール $ yum install <package> パッケージをすべて表示 $ yum list インストール済のパッケージをすべて表示 $ yum list installed インストール済のパッケージの中から更</package></package></package>…

Ansibleで変なエラー

事象と原因 brew でインストールした ansible を再インストールしたら動かなくなった。 $ ansible-playbook -i hosts simple-playbook.yml --syntax-check Traceback (most recent call last): File "/usr/local/Cellar/ansible/1.7.2/libexec/bin/ansible-p…

DockerでJenkinsを構築

単に Docker で Jenkins 動かしたいなら公式の jenkins Repository | Docker Hub Registry - Repositories of Docker Images がすぐ動くし、Dockerfile も読める。 以下は CentOS や Amazon Linux 上で動かしたい人用の最小構成。 Dockerfile FROM centos:ce…

CentOS7にJenkinsインストール

準備 タイムゾーンを UTC から JST になおす(※任意、Jenkinsの動作とは関係ない) $ sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime インストール Jenkins は Java で動くので JDK7 をインストール $ sudo yum update -y && yum install -y java-1.…

Vagrantfileのテンプレート

# -*- mode: ruby -*- # vi: set ft=ruby : # Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing! VAGRANTFILE_API_VERSION = "2" Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config| config.vm.box = "ubuntu/trusty64…

Ubuntu-14.04にnodebrewでNode.jsをインストール

nvm よりもっぱら nodebrew。 ちなみに apt-get install nodejs で直接 apt でインストールすると v0.10.25 の古いバージョンになってしまう。 $ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup $ echo "export PATH=\$HOME/.nodebrew/current/bin:\$PATH" >> ~/.b…

Vagrantの使い方

インストール 公式の Download Vagrant - Vagrant からダウンロードしてインストール。 つかう Ubuntu 14.04 を構築 $ mkdir vagrant-sample $ cd vagrant-sample $ vagrant init -m ubuntu/trusty64 -mは生成される Vagrantfile を説明コメントが除かれたミ…

DockerHubのUbuntuのタグの違い

Ubuntu を使う場合、多くの人は最新の LTS(Long Term Support)である 14.04 を選択するはず。 でも DockerHub の Ubuntu 公式のリポジトリをみると 14.04 でもタグが複数あってどれを選ぶべきなのか迷うので、確認してみた。結論は「同じもの」だった。 ub…

iTermをAppleScriptで開くと便利

Web サービスを運用してると、頻繁にサーバへログインする必要がでてくる。特にエラーログを眺めたいときとか、本番環境の Web サーバ 4 台にアクセスするとき等、1回1回ログインするのは面倒。 そんな時は AppleScript で iTerm をまとめて開くスクリプトを…

WebStormのメモリ使用量を増やす

(2015-06-29 に WebStorm10 版に更新しました) WebStorm は初期設定のままだとメモリを最大 750MB しか使えないため、それを超えるとカクカクします。 やり方は WebStorm 公式の WebStorm 10.0.0 Help :: Tuning WebStorm に書いてあります。 現在のメモリ…

Kibanaのクエリの書き方

FILTERLING の query に記述する 条件 category が "card" のものと、card_id が "goblin" のもののみ表示 category: "sell" AND card_id: "goblin" 日付の範囲指定 2014年10月2日深夜1時から2時のデータのみ表示させたい 日付は必ずダブルクォーテーション…

Nodejsで日付と時間といったらMoment.js

js

Node.js というか JavaScript 全般だけど、書き方よく忘れるのでメモ。 使い方 インストール $ npm install moment プログラム側で moment の読み込み var moment = require('moment'); moment オブジェクトを作成 var mNow = moment(); //現在時間 var mUni…

Node.jsでキャッシュ機構をつかう

js

isaacs/node-lru-cache · GitHub が便利。 Java でいうと Ehcache みたいに使える。ただ、Ehcache はキャッシュアルゴリズムを指定できるが、 lru-cache は LRU(Least Recently Used)という名の通り、最近のもっとも使われていないデータを最初に捨てるア…

Jenkinsの結果がUNSTABLEになる

Jenkins でビルドに JUnit を連携させてる場合に、UNSTABLE で終了した。 原因は mocha のテストに console.log() を記述したままになっていたからだけど、なぜそうなるのかわかりにくかったため書いとく。 Jenkins ジョブのコンソール出力 (略) Build ste…

MacのGoogleドライブが同期しないときは

mac

ローカルの ~/Google ドライブ ディレクトリにファイルやフォルダをコピペしても自動同期されない。 しょうがないので、その状態のまま Web からアップロード等行うとコンフリクトが発生してエラーになるため確実にハマる。 正しいやり方 同期したいファイル…

nodebrewでnode.jsをインストール

nvm はもう古い(と思う)。nodebrew は Homebrew 経由でインストールできるようになったので、node のバージョン管理導入が非常にラクになった。 インストール $ brew install nodebrew パスを ~/.bash_profile に追記 if [[ -f ~/.nodebrew/nodebrew ]]; t…